【初モッシュ】BiSH広島公演にアニソンオタクが行ってきた
このエントリーをはてなブックマークに追加

【初モッシュ】BiSH広島公演にアニソンオタクが行ってきた

2018/02/24 広島県 BLUE LIVE HIROSHIMAにて行われた

Bish pUBLic imAGE LiMiTEd TOURに初参加してきました!!

私自身、Bish事体初のライブ参加!普段はアニソンライブによく参加しているのですが、今回は初のアイドル?のライブ参加!

アイドル?というのもBishのコンセプトも「楽器を持たないパンクバンド

ということで客層もゴリゴリのロックおじさんだったり若いお兄さんだったり若い女性も多かったので普通のアイドルとはまた客層も違う感じ?

アイドルのライブ行ったことないからわかんねーという事で今回Bishに参加して驚いたことをまとめてみました!!

スポンサーリンク

ライブの写真撮影は基本的にOK

自分は整列ギリギリについたのですが、そこで気づいたのが一眼レフと脚立持ったお客さんが複数いた事。

ブルーライブは海沿いにあって船などもよく通るので船でも撮りに来てるのかな~と思ったのですが、服装がもろライブT

Bishのライブは「録画・録音は禁止・静止画はOK」とのこと。

わたしも写真撮影可能ライブには参加したことあるが、一眼レフってもう公式カメラマンじゃんw

Twitterにもクオリティの高い写真がたくさんあり上手く拡散されいい宣伝になっています。

また、ライブの楽しみ方にも幅があって、今回は撮影、今回は暴れるぜと住み分けがしっかりしているなと感じました。

この部分は撮影禁止とか変にルールを作ると勘違いして写真撮る人もいるだろうし。ファン同士の争うも生むし撮影可能にするならばこれくらい思いっきりやった方がいいと個人的には思いました!

こんなイエッタイガー言っていいの!?

以前にイエッタイガーについて書いた記事があります。

イエッタイガー禁止にする歌手も!?イエッタイガーって何!?最近Twitterで話題だよね!!
最近、イエッタイガーって言葉をよくTwitterで見かけます。 イエッタイガー禁止とかイエッタイガーしないと死んじゃうとか・・・ ...

この記事ではイエッタイガーについては否定的ですw

というのアニソン現場でのイエッタイガーって基本的に目立ちたがりの行為でしかなくてそこに一体感なんて微塵も感じません。

今回のイエッタイガーは演者もバンバン煽っていて(本心はしらないけど

お客さんみんなで雰囲気を作っている感じがしてアイマスライブでもあるコールと同じ一体感だとも感じました!

バラードとか間奏とかに入れることはほぼなくてちゃんとマナーを守ってすればこんなに楽しいんだねw

まあ、何言ってるか分かんなかったので「ジャージャー」とか適当に言ってただけなんですけどねw

ダイブ・リフト絶対禁止!!

開演までに仲良くなった人と話をしていて。

「前の方だと、モッシュとかサークル起こるから初めてなら脇にいたほうがいいよ」

というアドバイスを貰い、リフトとかダイブもあるんだろうな~と質問してみると

リフト・ダイブは禁止で見つかったら即公演終了

公演終了!?

なんで禁止になってるかは知りませんが実際にリフト・ダイブ行為があって公演終了になったこともあるみたいです。

今回のライブで初のモッシュに見舞われたんですけど、広島が大人しいのか普通に楽しいじゃんこれ!!

場所によって激しさも全然違うので今度はもっと中央にも行ってみたいですね。

新しい扉を開いたかもw

アニソンライブでもモッシュとか激しいライブもあるのでそちらもまた行ってみたいな~

まとめ

初のBiSH参加でまた新しいライブの楽しみ方が増えた。

以前はモッシュとか怖くて嫌だわ。という感じだったんですけど、中に入ってみたら無法地帯ということでもなく、倒れた人がいたら起き上がらせたり外で見てては分からないこともありますねw

コールもすごくて最初は呆気にとられてましたが、一緒にしたらこれまた楽しい。

楽しみ方は自由で写真とってる人もいれば脇でゆっくりみてる人もモッシュに突っ込む人も最低限のルールはあれど、その中でみんなそれぞれの楽しみ方をしていてすごいいい現場でした。

女性専用エリアもかなり多めに取られていて女性でも参加しやすそうですね。荒くれ達に突貫する子もいてビックリ。

Bishライブ自体もすごいパフォーマンスであのダンスしながらよく歌えるなと流石今乗りにのってるグループ

また今度広島であったら行きたいな。また星の瞬く夜に。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする