ライブ中に写真撮影!?気をつけたい3つのポイント!貴方の記憶にスマホに残そう!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブ中に写真撮影!?気をつけたい3つのポイント!貴方の記憶にスマホに残そう!!

おはこんばんちは!!

最近よくライブ中の撮影が解禁になっている現場が多くなっていますよね!!

私の好きなアーティストも昨年のツアーからスマホでの撮影が解禁され、ファンの間ではスマホでの撮影反対、賛成など色々意見が飛び交いました。

個人的にはスマホでの撮影は嬉しかったりします。SNSで拡散されれば行ってみたい人も増えるだろうし、何より好きなアーティストの写真がいっぱい入手できる笑

ということでライブでの撮影に関して自分が感じたことを書いていきます!!

スポンサーリンク

THE 他力本願

私は撮影の解禁にはどちらかというと賛成派でしたが、自分では撮影せず最前の方がいい写真撮ってくれるし

自分は撮影せず、俺はライブに没頭するぜという感じで自分での撮影はいいかなという考え方でした。(どこか撮影に反対する気持ちがあったのかも)

ですが、今回参加したライブでは、前回撮影していなかったので今回は撮ろうと決めていました。

Twitterに挙げられるライブの写真はどれもいいものばかりで特に最前の方の写真の臨場感は本当に素晴らしいし、後方からの写真も舞台演出も相まって幻想的でどれも素晴らしい<(_ _)>

自分写真とは比べ物にならないくらい!本当に素敵な写真ばかり、なのですが、何故かいまいちピンとこない・・・

その理由をずーっと考えていて自分なりの答えが見えてきました!!

自分で撮影した写真には記憶が詰まっている

何故だろうと思っていて一つ思ったのがこれ。

自分で撮影した写真には、他の人にはわからないその人だけのストーリーが詰まっています。

というのもライブって演者のパフォーマンスだけじゃなくて、周りのお客さんの環境とかも色々かかわってくるじゃないですか!あの曲流れてた瞬間前の人発狂してたなとか、この写真ブレブレだけど相当テンション上がってたんだなとか。。充電ケーブル引っかたんだなとか・・・

新しい楽しみ方を許容してさらに楽しみが増えた

ライブでの写真撮影自分でするのは、少し敬遠していましたが後で撮影した写真を選定したり、その時には気づけなかったアーティストの表情などなどライブ後の楽しみが増えました。もちろん自分の目でみてスマホ越しだけじゃなく、耳で聞いて体でライブを体感してきました。

バランスというのはとても大事でどちらかに偏りすぎても行けないのかなと感じます。

楽しみが増えたことはとてもいいことですが、やはり撮影の際に気をつけたいポイントも何点かあります。

個人的にこういうとこに気をつければみんな不快な思いをせずに済むのかな?と思ったことをまとめてみます。

・撮影をするなら一度はルールの確認を

もしライブ中に撮影をしたいな。と考えているなら一度公式がだしているルールを確認するべきです。撮影OKというのが先行しすぎてその他のアンコールでの撮影はNG等

公演によってルールは様々です。公演前にもアナウンスがあると思うのでしっかりルールを承知した上で撮影に臨みましょう!!

・フラッシュをたかない

フラッシュを焚かれては周りの人に迷惑がかかります。ステージ演出の邪魔にもなってしまうので一度カメラ設定の見直しをしてみては。

後方からではフラッシュ撮影したところでステージまで光は届かないので、諦めてステージが明るい瞬間を狙いましょう。

連写は控える

盗撮防止ためシャッター音がなるものが多いと思います。連写をしてしまうとシャッター音もかなり目立つと思うのでなるべく控えましょう。それか無音カメラアプリを入れてみては?

以上

個人的に考えた気をつけたいポイントでした。まあ、ルール守ってるんだからそんなこと知るかい!!と言われたらそれまでですが、最低限のマナー?公式も書かなくてもわかるでしょ的な感じだと思います。

まとめ

ライブでの写真撮影について自分の意見を色々書いてきました。

盛り上がる曲では正直撮るタイミングわからなくてどうしても落ち着いた曲の際での撮影が多くなってしまうのですが、そこは無音カメラなど使ってひっそり撮りたいな~と思います。

写真撮影しようか迷っている人は是非してみることをお勧めします。やはり自分で撮った写真というのは特別なものです。

自分の文章力じゃライブを撮る楽しみはまだまだ伝えられませんが、もっと日本にライブ撮影の楽しみが浸透していけばいいなと思います!!!

そのためにもルールやマナーを守っていくことが一番大事だと思います!!

以上!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする