【鋼の錬金術師】大阪ハガレン展に行ってきた!!ファンなら絶対見たい展示ばかり!
このエントリーをはてなブックマークに追加

【鋼の錬金術師】大阪ハガレン展に行ってきた!!ファンなら絶対見たい展示ばかり!

12月1日から公開される実写映画『鋼の錬金術師』の公開を記念して原画展が大阪にやってきました!!

11月3日~(金・祝)~30日(木) 28日間までATCミュージアムで開催しています。

会場では、なんと全て荒川弘先生ご本人の手によって描き出された生原稿を展示!!
その他にも、様々な展示がされていました!

展示の一部では写真撮影OKのエリアもあります。

今回は実際に参加してきたのどんな風なのか雰囲気だけでも紹介していきたいと思います!!!

スポンサーリンク

入場料不要!?無料ゾーンから既に興奮!!

今回の展示、一部入場料無料のゾーンもあります。

映画で使われた衣装やエドのオートメイルやアルフォンスの等身大模型!!

その他にもトイレの表記がアームストロング姉弟だったりと細かいとこまでハガレンワールドでした!!

音声ガイドでエルリック兄弟再び・・・!

アニメ系の展示ではお馴染みの音声ガイド。

チケット代1500円別途600円で音声ガイド付きで展示を見てまわれます。もちろん私は音声ガイド付きで、久しぶりのエルリック兄弟のやりとり感動しました!!

展示内容は、大きく8つのエリアに分かれおり全部見て回るのに90分ほどかかりました。

実際に原画を見ていると漫画では伝わらない迫力があります。

このイラストはハガレン第一話のカラー絵ですが、ここにも一つ拘りポイントが

実はレンガの質感をリアルにするため絵の具に胡椒を混ぜているそうです。コピー絵ではわかりにくいのですが、原画だと胡椒の粒が実際にレンガのような質感を再現していました。

こういった裏話や解説が付いておりファンにはたまらないものとなっていました。

体感できる原画展!?

今回の展示では、ハガレンの世界観を体験できるような展示もありました。

一番最初のエリアではエドとアルが人体錬成した現場を再現や動くセリム等々

愛されて80年!展示の後はハボック雑貨店

展示終わりには、物販エリアのハボック雑貨店があります。

恐らく、出世払いは禁止なので要注意ですよ!

このエリアから外に出ると再入場禁止となっているので注意が必要です。

まとめ

今回のハガレン展ファンの人なら参加して損なし!

自分は音声ガイド付きをおススメします。エドとアルの掛け合いを再び聞けるってだけで行けてよかったと思います。

音声ガイドは全部で16個あり、エドやアルが実際にその現場にはいなかった出来事の話や思いを改めて聞けます。

曜日替わり入場特典もあり、荒川先生書き下ろしの四コマ漫画しおり

また荒川弘先生のコメント付き原画の数々は見どころ満載で、原画と漫画で見る絵ではこんなに迫力が違うのかと驚きました。

いくつか体験エリアもあり「見て、体感できる原画展」というのは本当でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする