コブクロがファンの自主製作グッズに注意喚起!?これって全ての界隈のファンに言えることだな!! 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コブクロがファンの自主製作グッズに注意喚起!?これって全ての界隈のファンに言えることだな!! 

6/28日コブクロの所属事務所であるオフィスコブクロからファン個人のグッズ制作に対してFacebookにて声明文を出されました。

全面的に個人でのグッズ制作を禁止とならないよう今回の件を他人事と思わず、もう一度考えてほしい。

内容は以下の通り

【個人でのグッズ制作につきまして】

これまでオフィスコブクロでは、ファンの皆さまによるオリジナルグッズ等の制作活動につきまして、「個人で書かれたイラスト」を使用したグッズ制作など、「個人で楽しまれる範囲」に限り、常識的な観点を持ってこれらの活動を許容してきました。

しかし、昨今におかれましては、サイトのオフィシャルロゴやツアーロゴ、アーティスト写真等肖像権・著作権を有するデザインを許可なく安易に使用し、常識を逸した制作活動を行なっている方やグループが散見されます。

ケースとしましては、複数人への配布や販売等、「個人で楽しまれる範囲」を完全に逸脱した活動も多く見受けられるようになりました

これらの行為は肖像権・著作権を侵害する行為となり、このような安易な制作活動は決して認められるものではございません。

このままですと、許容できる常識の範囲で楽しまれていた方含め、全面的に個人でのグッズ制作を禁止せざるを得ません。
出来れば厳密に取り締まることなく、皆様に楽しんでいただきたいと思っております。皆様にはご協力をお願いできますと幸いです。

今回、Facebookを主な活動場所としている「KOBUKURO-DAYS」の活動について多数の通報を受け、オフィスコブクロとしましても許容の範囲を超えた行為との判断に至り、制作物の即刻の回収と掲載中の関連記事の削除を依頼いたしました。

つきましては、「KOBUKURO-DAYS」の活動に関わる制作物をツアー会場での着用及び持参することは、ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

https://www.facebook.com/KOBUKURO.official/posts/639422226263481より引用

スポンサーリンク

「個人で楽しまれる範囲」に限り、常識的な観点

本文で特に気になった一文

この声明文で指す「個人で楽しまれる範囲」から外れるものとはどういった行為なのだろうか

・肖像権・著作権を有するデザインを許可なく安易に使用

オフィシャルロゴやツアーロゴ、アーティスト写真等を使用した物など

複数人への配布や販売

公式ロゴ等を使ったグッズを無断販売して不当な利益を得ているなど

アーティスト側からの声明文はコブクロが初めて?

こういった声明文が出されたのは、コブクロが初めてなのかはよくわかりませんが、

このように大きく話題になったのはコブクロが初なのではないでしょうか?

こういったグレーな問題に対しての活動は大きな問題になる前に各界隈取り締まってほしいですね。

コブクロだけではなく全ての界隈のファンに言えること

私もある音楽グループのファンクラブに入会していますが、

そこでもアーティスト写真を許可なく使用したものを無料配布するといった内容の投稿されファン同士で一悶着あり、

その結果アーティストさんがわざわざメッセージを出されました。

しかし、公式からこういった声明文はなく結局うやむやになって収束していきました。

恐らく、こういったケースは色んな所で問題になっていると思います。

特に問題だなと思ったのは、配布するといった当事者である本人全く、やってはいけないことだという認識がなかったことだと思います。

また公の場でこういった活動していると発言している、SNSに対しての認識の甘さ(隠れてならやっていいというわけではないですが)

例え、無料配布でも営利目的なのでは?と疑われてもしょうがなiいかもしれません。

まとめ

個人的な意見としてはこういった声明文が出されたことはすごくいいことだと思います。

こういった声明文が出ることにより個人で楽しまれる範囲といったそれまでは各ファンの考え方、価値観などで行ってきたものを明確にできたという点でです。

あとあくまで個人で楽しむのなら肖像権・著作権を有するデザインを許可なく安易に使用というのもOKな気がしますが(痛車とか大丈夫そうだし

肖像権・著作権を有するデザインを許可なく安易に使用といったグレーな問題は

事務所やアーティストそれぞれ気にしている気にしていないはあると思ます。

某Pたちが集まる現場は、公式で名刺入れを作っていたりと気にしてはなさそう。

またこういった声明文が出ることにより、

今まで「個人で楽しまれる範囲」を逸脱した活動と認識できていなかった人

これから、オリジナルグッズを作りたいと思っている人達への道しるべとなればいいですね。

今回のこういった声明文をよんで貴方はどんな意見を持ちましたか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする