影山ヒロノブ30years3ounceアコースティック調で心休まる一枚!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

影山ヒロノブ30years3ounceアコースティック調で心休まる一枚!!

今回は2017年7月25日にNEWアルバム「A.O.R」を発売される影山ヒロノブさんの

過去発売されたアルバムである30years3ounceの感想を述べていきたいと思います!!

このアルバムは影山さんの歌手デビュー30年の際に発売されたアルバム(もう十年前!?

アルバム全体な雰囲気はアコースティック特化していて、

アコースティック調の曲が好きな人にはお勧めの一枚です!!

自分も普段はHR/HM調の曲とかよく聞いているのですが、ゆったり落ち着きたいな~と思ったときによくこのアルバムを聞きます!!

とりあえず、一曲ずつ感想を述べていきたいと思います!!

スポンサーリンク

30years3ounce

今回のアルバムの表題曲ですね!!

影山さんのデビューしてからの30年間の思いがぎゅっと詰まった曲だと思います!!

みんなのバックアップ受けながら自分らしく生きていくよ。

この歌詞に影山さんがずっと歌ってこれた意味が詰まってるな~って感じました!!

どんな場面でも感謝の気持ちを忘れない姿勢は見習いたいですね!

Bang! Bang! Bicycle

このときから自転車にははまっていたのかな?

サイクリングの時に思わず口ずさみたくなるメロディですよね!!

皆さんも一番健康的で地球にやさしい乗り物自転車に乗りましょ笑

シモキタ

この歌は影山さんがずっと暮らしている下北沢の歌です。

下北沢には一度、JAMでもお馴染みのマジスパに訪れた際に行ったのですが、すごい雰囲気がよくて住むならこんな街がいいなって思いました!

この曲では、徐々に工事で新しくなっていく下北沢の古い街並みが失われていくのを惜しみながらも、若者たちの夢を見守ってくれる下北沢の土地柄は変わらないくれ、と影山さんが願っているように感じました!!

ちなみに、野川さくらさんに提供した「三鷹市上連雀」の別詞バージョンとなっていますよ!!聞き比べるのも面白いかも!

毎日はEVERYDAY

ふたりの日常を優しく歌っています。何気ない日常は一番幸せなんじゃないかということを歌っている曲だと思います!!

個人的には、毎日何かしらの刺激が今は欲しいのでこの曲の本当の良さがわかるのはまだ先かもしれません笑

Welcome Toto…

一匹の猫に救われた曲。

トトはいつも傍にいてくれて、毎日を乗り越える支えになってくれる存在。

貴方にとってトトみたいな存在はいますか??

アルバムの中でも特に好きな曲なのでぜひみなさんに聞いてほしいです!!

夜の海

曲調も相まってすごいダンディな曲ですよね!

影山さんの色気全開です!松澤 由美さんのコーラスも相まって大人なバラードって感じがします!!

Too much Sweet

野川さくらさんに提供した「So Sweet」のセルフカバーみたいです!!

真面目な曲ばかりだと息が詰まってしまいますからね!たまに緩い曲も笑

と影さんもアルバム中に語っています笑

君はロンリーエンジェル

影さんが生まれて初めて作った曲らしいですよ!

一体誰のことを思って作ったんでしょうかね??

曲中のハーモニカが印象的で素敵な曲です!!

卒業アルバムの中の無傷な夢~返信~

この曲を初めて聞いたのは影山さんのアコギライブでした!

この曲も野川さくらさんに提供した「卒業アルバムの中の無傷な夢」のセルフカバー。

この曲言いてると、卒業アルバム見返したくなりますよね。写真見てるとほんとに楽しそうです。よく最後のページにメッセージとか書きましたよね!

20になったら飲もうな~とか書いててすごい懐かしくなりました。

まあお酒全く飲めないんですけどね笑

ぼくらはね・・・

どんなに大切な人でもうまくいかない事ってありますよね!!

でも、そういうことを含めて一緒に「暮らす」ってことなのかって思ったり。

それが一番幸せなことなのかもしれないですね~。

Tomorrow

「明日」について歌った曲です。

曖昧な未来なんて 欲しくはないけどそれでも 君といたい それだけだよ

うん、惚れた。

Fin・・・

曲の最後にインスト曲があるのってなんだか新鮮です。

まとめ

ジャケットとか見ていると、影山さんの昔の写真が載っていたりとファンの人への感謝がいっぱい詰まってるアルバムだなって思いました!色んな影山さんのスタイルがありますがやっぱりこういった聴せる歌を歌っている影山さんが一番好きかもしれないです!

40周年のアルバムはどんなテイストになるのかものすごい楽しみですね!!

30周年では、アコースティック

35周年では、ロック

40周年では・・・?

発売が待ち遠しいです。

終わり

6148e6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする