アニサマコール禁止って本当!?今後の声優・アニソンライブの行方が気になる
このエントリーをはてなブックマークに追加

アニサマコール禁止って本当!?今後の声優・アニソンライブの行方が気になる

本日、Animelo Summer Live(アニサマ)公式出された、ライブに関する注意点で物議となっています。

その内容は、イベントの妨げになる行為や、他の来場者の迷惑になる行為やアルコールの持ち込みを禁止。迷惑行為を禁止しますというものだ。

そして危険行為、迷惑行為の禁止の欄に

咲きクラップ、MIX、コールなど、いわゆるオタ芸と称される応援行為も禁止します

という一文が記載されている。

以前にコール一種であるイエッタイガーについて書いた記事です。

イエッタイガー禁止にする歌手も!?イエッタイガーって何!?最近Twitterで話題だよね!!
最近、イエッタイガーって言葉をよくTwitterで見かけます。 イエッタイガー禁止とかイエッタイガーしないと死んじゃうとか・・・ ...
スポンサーリンク

一部の人の行き過ぎた行為による巻き込まれ事故

今回では、名指し禁止された

咲きクラップ、MIX、コールを動画などで解説していきます!!

咲きクラップとは

今回禁止となされた行為、咲きクラップとはどんなのかわかりやすい動画があったので載せておきます。

ライブ中の観客が手を上げてクラップ(手拍子)し、そのまま腕を開いていく行為。

この一文だけ、みると禁止にするほどのものなのかという印象だが、

咲クラップをするタイミングが問題

動画でもそうだが、曲のゆっくりした部分での使用がよく見られる。

「パチン・・・パチン」と音も拾っているので会場での音も相当だろう。

MIX(みっくす)とは

コールの一種です。こちらもわかりやすく解説してる道があったので載せておきます。

一般的なMIXでは

タイガー!ファイヤー!サイバー!ファイバー!ダイバー!バイバー!ジャージャ

イントロや間奏中に行われることが多い

そしてその後に押しのアイドルの名前を言ったりするらしいです。

コール禁止!?

今回のアニサマではMIX含めコール全般が禁止らしい。

しかし、「歌手が煽って行うコールはどうなのか?」という疑問が残りますよね。

こういった、アーティスト側が煽って行う、コール&レスポンスの禁止ではなく

イエッタイガーやMIX等のことを指す。コール禁止で合ってほしいな。

と思います。

6/13追記 

アニサマ公式からアーティスト様の望む形でのコール&レスポンスなどを禁止するものではないとのこと!

これまで通り、普通に楽しめていた人は大丈夫そうですね!!

まとめ

上でも言いましたが、アーティスト側承認のコールなら自分はいいのかなと思います。

アニサマ公式にもイベント運営、ライブ進行・演出の妨げになる行為と書いてあるので、煽られてのコールはオッケーだと願いたい!!

またコールという定義が広すぎて何がOKで何がNGがピンとこないですよね。

今回アニサマに出演される田村ゆかりさんの「you & me」等も観客のコールがあってこそ曲。ラップのmotsuさんがいれば何も問題ないけど・・・

自分も、アニサマのJAMProjectのレスキューファイヤーをみて、何だこの熱いライブ、観客飛び跳ねてコール目一杯入れて楽しそう!と思いファンになったので、全面的に禁止になったら寂しいですよね

今回、アニサマ公式から出されたライブに関する注意点少し厳しいのかなと思いました。

アニサマ公式からしても今回の注意点はこれからのアニサマの方向性を随分と左右するものであり、簡単に出せたものではないとは思います。

今回の発表に至ったのも一部の人の行き過ぎた行為があったからこその規制。

一部の人のせいで規則が厳しくなるなんて社会じゃ普通のことです。

中には、逆に珍しいから行きたい、曲に集中できていい等の賛成意見もあります。

今後のアニサマ、声優・アニソン歌手のライブ作りが気になりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする