【Linked horizon】ルクセンダルク紀行まるで世界を旅しているような曲だな!!【ブレイブリーデフォルト】
このエントリーをはてなブックマークに追加

【Linked horizon】ルクセンダルク紀行まるで世界を旅しているような曲だな!!【ブレイブリーデフォルト】

Linked horizonの新しいツアーも決まって高ぶっています!!

今回はLinked horizonのルクセンダルク大紀行というアルバムに入っているルクセンダルク紀行という曲をご紹介します!!

スポンサーリンク

ルクセンダルク大紀行

まず、このアルバムはゲームであるブレイブリーデフォルトの世界観を基にLinked horizonRevoさんが作り上げたアルバムになっています!

きっとブレイブリーデフォルトをプレイした人ならこの曲聞いたことある!!という曲も歌ありで入っています。

アルバムの中で私がおススメの曲がルクセンダルク紀行という一曲!!

この曲はゲームの舞台である光と影の大地【ルクセンダルク】に登場する各6国のBGMに歌をのせて、その国に住む人々の暮らしや感情を歌っています。

11分と長めの曲ですが各国で曲調が違うので飽きずに聞けます。

・始まりの国”カルディスラ

・砂と大時計の国”ラクリーカ

・信仰と花の国”フロウエル

・沈みそうな国”グランシップ

・内戦の国”エイゼンベルグ

・不死の国”エタルニア公国

の順で歌を繋いでいきます。

曲の舞台

・始まりの国”カルディスラ

主人公たちの物語が始まる国

石畳伸びる影連れて歩く途 港へ続く 長い坂道 キミは未だ知らぬまま…

ここから物語が始まるという期待を徐々に高めてくれるルクセンダルクを旅に期待を膨らますそんな曲のような気がします。

・砂と大時計の国”ラクリーカ

巨大な風車と歯車がひしめき合う、砂漠に位置する国

風のクリスタルの力が弱まり、風車を動かせな央にくなったため奉仕労力を行わされています

命の値段って幾らなのだろう

素朴な疑問に答えなどなく悩むキミを置き去りに時計の針は進む…

一風変わってアラビアンな雰囲気に、ボーカルの透明感のある声も音楽に合っていて聞いていて気持ちいです。

・信仰と花の国”フロウエル

かつてはクリスタルへの信仰深く森と花を愛し清貧を尊ぶ国でしたが、「美を争う概念」「美」に囚われ堕落した国となってしまいました。

内側に隠された素顔のままの自分と心の中の美しさそれには目を背けたまま

狂い咲く艶花の残り化にキミは首を傾げた…

外見を磨く事ばかりに執着してしまい内面が汚れていったフロウエルの国民たちを毒づいていていいですよね。

・沈みそうな国”グランシップ

巨大な船の甲板に存在する国。

既に航海できる状態ではなくゆっくりと沈んできている。

巨大な船が丸ごと一つの国だなんて昨日のキミはそれを信じられたかい?

このパートは癒し。浄化されそうです。

・内戦の国”エイゼンベルグ

内戦を続ける兵士たちの国。

元々は巫女を守護する“”と“”の役割持っていた兵士たちだったが、剣派と盾派に分かれ終わらない内戦を続けている

平和を守る為に自由を謳うために自分を殺し楯を取った者と

豊かさを得る為に支配者に成る為に敵を殺す剣を取った者と

争いを繰り返す…

私が一番好きなパート。内戦に振り回される国民たちの怒りようなものを感じます!!

・不死の国”エタルニア公国

厳しい山岳地帯にある国で、不死の国と呼ばれるほどの医療が発達しているが、流行り病で大量の死者を出した過去を持つ。

流行病はかつて瞬きの間に無数の光を消し去った

永遠を望むのは赦されざる罪なのでしょうか?

それでもせめて愛おしいキミよ健やかに…

最後の盛り上がりは鳥肌ですね、透き通る高音がすごい!!

想い出す キミと旅した日々 忘れない キミと歩んだ日々

ルクセンダルク紀行の最後の一節

この曲を聴いているとブレイブリーデフォルトをクリアしたときの感動を思い出します。

ゲームをプレイすればより曲を深く楽しめますよ。

貴方もルクセンダルクを旅してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする